ブログ

ピアノレッスンの流れや内容例をご紹介♪

大阪府松原市の【りおピアノ教室】

講師の上野莉緒です♪

松原市を中心に 大阪市住吉区|堺市北花田|南花田|錦之町

から通っていただいております。

 

集中力・記憶力・語学力・計算力・創造力がそだつ!

お子さんの可能性を広げる【絶対音感】メソッドを取り入れ

 

たのしみながらグングン上達!

【自分でできる】力がつくピアノレッスン♪

 

 

 

今回は教室で実際に行っている導入期のレッスン内容やその解説、

レッスンのはじまりから終わりまでの流れを具体的にご紹介します♪

 

まずはレッスンの流れを見ていきましょう。

 

ごあいさつ

お歌

ソルフェージュ(リズム打ちや階名唱)

ピアノ教本

ワークなど

 

 

おおまかな流れはこのような感じです。

 

【お歌】

元気にご挨拶をした後は、童謡を歌います♪

ピアノや楽器を演奏するために【うたう】ということはとてもとても大切なことなので

レッスンではたくさん歌ってもらいます。

 

 

童謡以外にもりおピアノ教室オリジナルの

☐おとの階段

☐まねっこ聴音(絶対音感コースは音感カード)

☐音符・休符の名前を覚える歌

☐ゆび番号の歌

☐握力アップの歌

など歌いながら楽しく音楽の基礎を学んでいきます♪

 

 

たくさん歌ったあとは、響きを聴く訓練をしたり

偉大な作曲家(バッハ・モーツァルト・ベートーヴェン・ショパンなど)の

名曲を聴く時間を設けています。

 

 

歌う→聴く

 

 

ここまでのレッスンはこのようなイメージです。

 

 

【ソルフェージュ】

ソルフェージュとは楽譜を読むための基礎訓練のことです。

 

導入期のレッスンでは

①リズムを打つ

②音を読む

この2つを分けてレッスンしていきます。

 

このリズム打ちが子どもたちは大好きです!

 

はじめは単にリズムを打つことからはじめますが、

慣れてくるとそのリズムに合った叩き方や、拍子感をつけるなど

音楽的にリズムが打てるようにしていきます。

 

 

音を読む訓練は年齢によってアプローチは様々です。

 

小学生以上のお子さんは5線をいきなり読むこともできますが、

幼児さんは線の上の音符なのか、その間の音符なのかという判別から。

そして1本線の楽譜でドとレを区別するところからはじまり、スモールステップで無理なく進めていき

小学校1年生に上がるころにはスラスラ楽譜が読めるようになります(^^)/

 

 

【ピアノ教本】

りおピアノ教室で使用している教材は

☐ゆびのたいそう

☐うたとピアノの絵本

☐はじめてのギロック

この3本立てです。

 

 

 

『ゆびのたいそう』では

指の形や手首、腕など体の使い方がメイン

 

 

『うたとピアノの絵本』では

ブラインドタッチを身に付ける

 

 

『はじめてのギロック』では

表現力を養う

 

 

このように1つの教材で注意するポイントを絞っています。

 

ピアノを弾くためには

☐楽譜を読む(リズム・音程・拍子・強弱…etc.)

☐身体をうまく使う(体幹・腕・手首・握力・指をそれぞれ意識する)

☐音を聴く

このように様々なことを同時に行います。

いっぺんに言われては難しい!となるだけですよね。

 

1つ1つを取り出してそれぞれ訓練していき、2つ、3つと同時にできるようになり

最終的にはいろんなことに気をつけながら演奏できるよう指導しています。

 

 

現在はこの教本で指導していますが、

色々な教材を使っていましたので、

転居などで他教室から移られてきた場合、以前の先生が使われていたものを

そのまま使用することも可能ですので、ご安心くださいね。

 

 

バーナム・バスティン・トンプソン・ラーニングトゥプレイ・グローバー・ぴあのドリーム…

などいろんな教本を勉強しましたが、子どもたちはそれぞれ得意・不得意が違うので

シンプルな教材を使って、その子に足りないものは私の手作り教材や

リトミックで使用する教具で補うようにしています♪

 

 

 

 

 

 

 

【ワークなど】

毎回必ずするわけではありませんが、5線ノートに音符や習った記号を書いて

復習したりします。

 

ここでは最後に書きましたが、

お子さんに合わせて途中で書き物をはさんだりもします。

 

 

以上が導入期レッスンの内容です(^^)/

 

ピアノは難しい楽器ですが、

やるべきことを細分化して指導することで

幼児さんでも楽しく身につくように工夫しています♪

ピアノ教室に必要な持ち物とは?おすすめのおしゃれな文具もご紹介!

大阪府松原市の【りおピアノ教室】
講師の上野莉緒です♪
松原市内を中心に大阪市住吉区・堺市北花田・南花田・錦之町
から通っていただいております!

集中力・記憶力・語学力・計算力・創造力がそだつ!
お子さんの可能性を広げる『絶対音感』プログラム♪

たのしみながらグングン上達!
『自分でできる』力がつくピアノレッスン♪

 

今回は

【ピアノレッスンに必要な持ち物】

をご紹介します。
おすすめの文具やそれぞれの用途もあわせて解説していきます♪

 

 

 

 

 

 

まずは

~幼児編~

ご用意いただくもの
*クレヨン
*スケッチブック
*クリアファイル
*音符カードを入れるケース
*連絡ノート

全部100円ショップで購入可能です!

【クレヨン】
鉛筆を持てるようになるまでは書きやすいクレヨンなどをご用意いただきます。
5色くらいあれば十分です(^^)/
音符を書く第一歩の『円を描く』からはじまり、少し進むとト音記号やヘ音記号も書きます。
音符を自分で書くことで、楽譜に親しんでもらえるように促していきます。
筆圧や腕、手首、指の器用さを観察してピアノレッスンにも活かしています♪
指示されたことを書く作業は、脳の前頭葉を使いますし、指先に集中するので、知育の要素も含んでいて、幼児さんには欠かせないレッスン内容です★

【スケッチブック】
先ほど紹介した書き物をするのに使用しています。

このように自分のスケッチブックを使ってレッスンしていきます!

 

 

 

 

【クリアファイル】
教室では絶対音感のレッスンをしている親子が多いので練習のチェックシートと音感カードを入れて頂いています。
その他にもレッスンで使用しているプリントやリトミックで制作したものなどもポイポイ入れてまとめてもらっています。

 

 

 

 

【音符カードを入れるケース】


全員に持っていただいている音符カードを入れておくケース。
巾着袋を使っている方も多いです(^^♪
私はこのような缶の筆箱に入れて種類ごとに輪ゴムで分けて収納しています!

 

 

 

【連絡帳】
宿題の少ない2,3歳の生徒さんにはその日レッスンした内容を書いてお家でママやパパと復習したりできるように、4,5歳になるとお家での宿題も増えてくるので、宿題の内容ややり方、親御さんへの連絡事項なども書き込みながら使用しています。

~小学生編~

ご用意いただくもの
*筆記用具
*スケッチブック
*クリアファイル
*カードケース
*連絡ノート

【筆記用具】
小学生以上のお子さんは鉛筆と消しゴムを用意してください♪
5線ノートにト音記号やヘ音記号、音符など書く練習をしています。
聴音といって指導者が弾いた短い曲を楽譜にするといったレッスンもあります(^^)/
また、レッスンに慣れてくれば、レッスン中に指摘されたところは自分で楽譜に記入するように指導していきます。
受け身のレッスンでなく主体的にレッスンを受けてもらいたいと考えているからです。
学び上手になれば、ピアノ以外のどんなことにも活かせるのではないでしょうか?

【スケッチブック】
楽譜を整理するのに便利なのがスケッチブック!
たとえば発表会で演奏する曲はソロ2曲、連弾1曲、合奏で1曲…
いちいちその楽譜をだしてひらいて練習→また違う楽譜をだしてきて~
といったかんじで手間が多くなるので弾く曲をコピーしてスケッチブックに貼り付けておくと1冊で色々な曲を練習できます(^^)/
また、私の手作りの楽譜や練習メニューなども貼って使用してもらい、効率よく練習できるように工夫しています♪

スケッチブックはこちらの

アートスパイラルがかわいくておすすめです♡
お値段はりますが(笑)用紙の枚数も100円ショップのものより多くて便利です!

 

 

【クリアファイル】【カードケース】【連絡帳】は幼児さんと同じ用途です。

以上がピアノレッスンをはじめる際にご用意いただいているものです♪

どれも100円ショップでそろいますし、
各ご家庭でご用意いただきますので、お子さんの好きなキャラクターでそろえてモチベーションにつなげてもらうこともできます(^^)/
教材(楽譜・音符カード・5線ノートetc…)はこちらで用意いたします。

ピアノが無くてもレッスンできる?

大阪府 松原市 堺市北花田

 ∗ピアノ・絶対音感・リトミック∗

 

集中力・記憶力・語学力・計算力・創造力がそだつ!

お子さんの可能性を広げる『絶対音感』プログラム♪

 

たのしみながらグングン上達!

『自分でできる』力がつくピアノレッスン♪

 

♥りおピアノ教室♥

新規生徒様募集中!

 

涼しくて過ごしやすい日が

多くなってきましたね(^^)/

運動会も終わった頃でしょうか?

今年はコロナの影響で

種目が少なかったりとさみしい感じも

あったようですが…

 

子どもの成長が少しでも見られるのは

やはりうれしいですよね♪

 

 

そんなコロナに色々と

イベントを潰されている2020年ですが

なんと電子ピアノ、アップライトピアノが

飛ぶように売れているそうです!

 

お家時間が増えてピアノを始める人が

増えたのはうれしいです♡

 

一時期は何か月待ちとかで

手に入らない期間もあったそうで

新しく入会してくださった生徒さんにも

『ピアノもう少し待ってください!』

というかたがいました。

 

 

【ピアノを購入してからでないと習えないの?】

 

そんなことないですよ♪

 

 

基本的にはピアノの購入を

お願いしていますが

始めはお家になくてもレッスンできます(^^)/

(もちろんできるだけ早めに用意してあげてくださいね)

 

 

ピアノを弾く前には準備が必要です。

音符、リズムを覚えることはもちろん、

聴く耳を育てること、

リズムや音程は

【わかる】だけでなく【感じる】ことのほうが

ずーっと大事です♪

 

 

そしてこどもたちは

【わかる】ことより【感じる】ことのほうが

得意なのです♬

 

 

そんなことを導入では

丁寧に時間をかけてレッスンしています。

ピアノをお持ちの方には

簡単なピアノの宿題を出しますが

もしすぐにご用意できなければ

感覚を育てるレッスンをたっぷりさせてもらいます♪

 

そうすることでピアノを弾く段階にきたとき

スムーズに演奏できますよ(^^)/

 

 

お家での宿題もピアノが無くても

できるようなものを

用意しています♪

 

 

練習の習慣を作るために

毎日同じことを繰り返すのも

とても大切です。

 

 

何事も習慣にするのは簡単なことではありませんよね。

だけどそんな力をピアノレッスンで

身に付けてあげたいなと思いながら

アプローチしています!

 

根気をつけたいなら

ピアノや楽器を習うことは

本当におススメです♬

 

 

 

 

 

ピアノにつながるリトミック♪~生演奏を大切に~

教室には2歳、3歳から

レッスンに来てくださっている子も

たくさんいます♪

 

 

4才になるまでは

リトミックを中心に

音感・リズム感・感受性・表現力を高め

読譜(楽譜を読むこと)の訓練、

簡単な曲を素敵な音色と手の形で

弾けるようにしていきます。

 

 

素敵な音色で♡

ここがポイントです(^^)/

 

 

小さいころから良い響きを知ることは

とても重要なことと考えています。

 

 

リトミックは色々な方法があって

CDなどを使ってレッスンされる方もいますが

私は生演奏にこだわっています♪

 

 

もちろん私が演奏する音も

こどもたちのまっさらなお耳に

入っていくので丁寧に弾きます♡

 

 

レッスンの最後には

バッハ・モーツァルト・ベートーベン・ショパンなど

誰もが知っている作曲家の曲を

演奏しています☆彡

 

作曲家たちの名前を教えたり

ドレミ・・・をドイツ語、英語・日本語で

言えるようになったり

大人になっても役に立つ知識を

たのしみながら覚えられますよ♪

 

 

2,3歳での音楽経験は

心の宝物になります♡

その後のピアノレッスンや

その子の人生に大きな花を

咲かせてくれますようにと

願いながら丁寧にレッスンしています。

 

 

ピアノレッスン♪保護者は見学する?

大阪府 松原市 堺市北花田

 ∗ピアノ・絶対音感・リトミック∗

 

集中力・記憶力・語学力・計算力・創造力がそだつ!

お子さんの可能性を広げる『絶対音感』プログラム♪

 

たのしみながらグングン上達!

『自分でできる』力がつくピアノレッスン♪

 

♥りおピアノ教室♥

新規生徒様募集中!

 

今日はお子さんのピアノレッスン中

お母さんたちはどうしているのか。

ということについて書きたいと思います♪

 

 

当教室では保護者の方も

レッスンを見学していただけます。

 

 

2,3歳のプレピアノコースは

保護者の方も一緒にレッスンしています♪

(3歳後半の月齢の子は様子を見て1人だけのレッスン)

 

 

教室で1番多いパターンは

年長、1年生あたりでお母さんは

レッスンの間外で待たれたり

近くのスーパーでお買い物など

時間をつぶされています。

 

 

月に1回だけ見学される方も

いらっしゃいます(^^)/

 

その子は年長さんになってから

自分から『一人でレッスン受けたい』

と言い出しました。

 

親からの自立、成長ですよね☆彡

 

そのあともしっかりレッスンをうけてくれていますし、

お家での練習は毎日自分からピアノに向かうそうです。

 

その子のお母様は『反抗期で大変で…』

とよくこぼしておられましたが

心の成長をするときにくるのが

反抗だったりするんでしょうね。

 

 

年少、年々少くらいの子は

お家でやっていてほしいことなど

お母さんに伝えておきたいことも多いので

付き添いされない方には

レッスンの最後に時間を取って

お話したりしています。

 

 

その子にとって一番良い状態で

レッスンができるように

指導者と保護者が話し合い

そして生徒さんのタイミングで

一人でレッスンが受けられ

音楽的にも自立していけたらと

思っています(^^)/